野球-その2

 今日も30°を超える暑さ。北海道で、お盆が過ぎたのに真夏日が続くのは46年ぶりとのこと。本当に暑いですね。本州の方には慣れっこなのかもしれませんが、道民にはたまらないですね。

 さて、30°を超える暑さの中でも溌剌としてボールを追いかけていた夏の高校野球も終わりました。大阪桐蔭高校が史上7校目の春夏連覇。全国の高校から目標とされる中で連覇を達成するというのはすごいことですね。負けましたが青森光星学院も3期連続の決勝進出。東北のレベルは格段に上がりましたね。

 今大会はプロ注目の好投手が揃いましたね。優勝した大阪桐蔭の藤浪投手は球速150キロを超え且つコントロールもよかったですね。神奈川桐光学園の松井投手はわずか4試合で60以上の奪三振。二人とも将来はプロ野球にいくのでしょうが、怪我のないようにしてもらいたいですね。過去、多くの若者がプロ野球に進みながら怪我のためにその能力を発揮しないまま引退しています。二人には思う存分その能力を発揮してもらいたいものです。

 ところで、この暑さは来週まで続くとのこと。この週末も30°近くになりそうですが、この週末も野球の練習です。弁護士野球の全国大会の予選までの練習も残り2回。今年はレベルが上と思われるチームとの練習試合を多くして、チームのレベルアップに取り組んでいます。今週末も、甲子園出場経験のある高校の野球部OBのチームとの練習試合、来週末は東京6大学所属の大学の札幌野球クラブとの練習試合が予定されています。この大学の札幌野球クラブはスポーツ新聞社が主催する軟式野球の一部リーグで活躍しているチームで、先週末にその試合を観戦しましたが、とても強いチームでした。こういうチームから、何とか1点をもぎ取り、そして、失点を最小限に抑えるというゲームができれば、予選に弾みが付きます。

 予選の結果は後日お知らせします。