栗山監督

 北海道日本ハムファイターズがリーグ制覇しました。余り景気のいい話題が少ない北海道民にとってはうれしいかぎりです。ホークスファンの私ですが、ここは素直にファイターズの選手・球団関係者、ファンの皆様におめでとうを言わせていただきます。

 開幕前は、評論家の大部分も、私もこのような結果を予想していませんでした。これを読んでいる皆さんもそうですよね。絶対的エースのダルビッシュがいなくなった穴埋めをどうするか。単に一投手がいなくなったというだけではありません。

 その解決策として打ち出したのが、斉藤の開幕投手起用、吉川の復活劇、中田の4番起用。ここ3年間勝利のない投手の背中を押し続けてエースと成長させ、どんなに打てなくとも4番から降格させることのなかった辛抱強さ。レギュラーが故障してもそれをチャンスと頑張った若手の台頭。これらを可能にしたのが監督と選手・コーチとの徹底した対話とのこと。

 大きな戦力補強もなく、コーチも変更ないなかで、現役を退いてからコーチ経験のない者が監督に就任することの難しさは素人にも容易に想像できることです。それにもかかわらずリーグ制覇です。長い評論家生活で培った選手の才能を見抜く目があったとはいえ、栗山監督の手腕には恐れ入ったというのが正直なところです。栗山監督はプロ野球史上でも最高の部類の名監督といえるかも。

 ホークスファンとしてはこの後のクライマックスシリーズをホークスに勝ち抜いてほしいところですが、日本シリーズの権威を考えると、やはりファイターズに勝ち抜けてもらいたいですね。